新古車や未使用車とは?

新古車や未使用車の購入をお考えなら、まず自分自身で欲しい車の基準を決める必要があります。

 

ユーザー(購入者)側が考える新古車や未使用車は、限りなく新車に近い車をイメージしている事が一般的です。
しかし、購入する車に対しての具体的な基準を持っている人は少ないです。

 

では、新古車や未使用車について購入希望者に知識が無くても、プロの販売店に任せれば自分好みの車を提案してくれるのでしょうか?

 

実は、新古車を扱う中古車販売店の基準は一概に同じとは言えませんので、自分好みの車を提案してくれる可能性は低いです。

 

例えば、ユーザーが考えるような上質な車のみを新古車として扱う中古車販売店もありますが、初期登録から1年未満の車で走行距離が10000km未満の車のことを全て新古車と呼ぶ中古車販売店もあります。

 

走行距離10000kmの新古車なんて誰が聞いても変だと気付きますが、実際に堂々と新古車として販売しているショップもあるので驚きです。

 

なぜ販売店によって新古車と呼ぶ基準がこんなにも違うのでしょうか?

 

実は新古車という言葉は、新車に近い中古車を表す言葉として作られた業界用語で、明確な基準が無いのです。

 

もう少し分かりやすく言えば、車を購入する際の名目は新車と中古車以外はありません。新古車と言う聞こえの良い曖昧な言葉を着た中古車の事なのです。

 

ですから、上記の様なとても新車とは呼べないような中古車でも、ユーザーが欲しがる新古車という名前を付けて売る中古車ディーラーが存在するのです。

 

その為、公正取引協議会の規約で「ユーザーを混乱させる新古車などの名称で広告をしてはいけない。」とされています。

 

しかし新しい車を安く買いたいユーザーは新古車の名前で車を探す事が多いので一部の中古車店では新古車という言葉を使って宣伝しいるのも事実です。

 

このような販売店の中には自分達の利益だけを優先している所も少なくはありません。
しかし新古車という言葉が定着してしまった今、どう判断するかはユーザー次第なのかもしれません。

 

このサイトでは新古車とはどんな車なのかを知ってもらう為にこの言葉を使用しております。
一部コンテンツで販売店などを紹介しておりますが当サイトが運営・販売しているものではありません。

 

参考サイト